【日本語教師】選んだ理由

香港で日本語教師
スポンサーリンク
スポンサーリンク

きっかけは修学旅行

高校2年生のとき、修学旅行で初めて海外に行きました。

行き先は中国・北京。

初めてのパスポート、初めての外国、初めての外国人とのコミュニケーション…

初めて尽くしの修学旅行は、私に強烈な印象を与えました。

英語で現地の高校生と交流する時間があって、そのときに、「私の英語通じてる!英語でコミュニケーションするの楽しい!」と思い、日本に帰ってからも、英会話教室に通ったり、英語でメールのやり取りができるサイトに登録して、文通したりしていました。

外国人と話すの楽しい

メールや文通を通して、たくさんの外国人と友達になりました。

いろいろな国の文化を知って、世界にはまだまだ知らないことがたくさんあるんだ、もっともっと外国のことを知りたい!と思うようになりました。

また、やり取りをしていた相手も、日本の文化や日本語に興味がある人が多かったんです。

その人たちに日本語を教えたり、日本の文化を紹介したりすることがとても楽しいと、よく両親に話していました。

母の一言で決意

そんなある日、母の一言で私の将来は決まりました。

「日本語教師っていう仕事があるらしいよ。

あんた、国語も英語も好きだから、向いてるんじゃない?」

その瞬間、パソコンで日本語教師について調べました。

調べれば調べるほど、なんて楽しそうな仕事なんだろう、私は絶対この仕事をする!と決めました。

当時、医療系の仕事に就きたいと、高校では理数系のクラスにいた私。

すぐに担任の先生に「私は文系の大学に行きたい」「日本語教師になりたい」と伝えました。

日本語教師の仕事が好き

それから、無事日本語教師養成コースがある大学に入り、卒業し、今に至ります。

高校生だったあのときから、日本語教師がやりたい、この仕事が好き、という気持ちは変わっていません。

日本語教師の仕事は、日本語を教えるだけじゃないんです。

教えている相手から教えられることが常にあって、日々の授業は自分にとっても学びです。

日本語だけじゃなくて、日本の文化、それぞれの国のこと、人との関係、価値観の違い、常識の違いなどなど、気づかされることはたくさんあります。

その違いを知ることが私にとってはとてもおもしろいです。

もちろん、日本語を教えることもおもしろいですよ。

どうやって教えようか、こうしたらおもしろいかな?こうしたらわかりやすいかな?といつもわくわくしながら考えています。

もう何百人教えてきたかわからないけど、どの授業も、どの出会いも、私にとっては大切な思い出です。

日本語教師はわくわくできる仕事です。

そして、常に自分も成長できる仕事です。

だから、おもしろい。やめられない。

きっと一生この仕事を続けるんだろうなと思っています。

コメント