【生きものになれる展】「動く図鑑MOVE」の世界が香港にやってきた!

香港の暮らし
スポンサーリンク

最近、香港の駅構内やバス停などで、こんな広告を見かけませんか?

Move 生物體驗展公式サイトより

「変変変!」って、日本語で考えると、「え?」って二度見したくなるような広告ですが(笑)

写真を見ると、子どもたちがちょうちょやペンギン、ダンゴムシになっていますね。

生物体験展と書いてあります。おもしろそう!

娘を連れて行ったら喜ぶかなと思い、このイベントについて調べてみました。

スポンサーリンク

「動く図鑑MOVE」の世界を体験

みなさんは、「講談社の動く図鑑MOVE」をご存知ですか?

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭には、この図鑑が一冊はあるかもしれませんね。

昔ながらの写真が並んでいる図鑑とは違って、DVDと組み合わせながら実際の映像や動きが楽しめる図鑑で、人気がありますね。

講談社の動く図鑑MOVEは、まったく新しいコンセプトの、新時代の図鑑です。
「情報がカタログ的に一覧になっているもの」というのが従来のオーソドックスな図鑑でした。
MOVEでは、迫力のある写真やイラスト、またDVDによる動画を組み合わせることで、「躍動感があり印象的な情報」を実現しました。
ただ、情報を調べるだけでなく、
「大迫力の写真を見て興味を持つ」
「おもしろい映像を観て、好きになる」
「好きになるから、もっと知りたくなる」
「もっと知りたいから、何度でもDVDを観る。何度でも図鑑を読む」
それが、動く図鑑MOVEです。

WebMOVE(http://zukan-move.kodansha.co.jp/about/)より

「MOVE生物体験展」は、この「動く図鑑MOVE」の世界を体験できるイベントです。

このイベントは、「生きものになれる展」という名前で東京大阪、そして台湾で開催されていましたが、今回はついに香港に上陸です。

〉〉〉東京大阪での開催の様子はこちらの公式サイトからご覧ください。

香港の「生きものになれる展」の開催期間、入場料など

  • 開催期間:2019年7月1日〜10月20日
  • 場所:九龍湾MegaBox13階
  • 時間:午前10時〜午後8時(1セッションは1時間45分)
  • 入場料:138ドル〜

*3歳未満の子どもは無料

開催期間は約3ヶ月と、長めですね。

megaboxは九龍湾駅からシャトルバスで5分、徒歩で10分ほどで行けますよ。

香港の「生きものになれる展」をお得に楽しむ

香港の「生きものになれる展」はチケットの種類が3種類あります。

どのチケットも、オンラインで事前に予約して行くと、少し安く楽しめますね。

3歳以上のお子さんがいらっしゃるなら、家族チケットがいちばんお得です!

オンライン予約は公式サイトからできますよ。

◉大人用チケット


オンライン予約チケット
予約なし(ウォークイン)チケット
月曜〜金曜138ドル148ドル
土曜、日曜、祝日148ドル158ドル

◉子ども(3〜12歳)、シニア(65歳以上)、障害者用チケット

オンライン予約チケット予約なし(ウォークイン)チケット
月曜〜金曜128ドル138ドル
土曜、日曜、祝日138ドル148ドル

◉家族チケット(大人2名と子ども(3〜12歳)1名)

オンライン予約チケット
月曜〜金曜360ドル
土曜、日曜、祝日399ドル

お子さんが2人いらっしゃる場合、133ドル(土日祝日)・120ドル(月〜金)で子どもを1人追加することができますよ。

香港の「生きものになれる展」の見どころ

日本科学未来館 MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-
日本科学未来館より

香港の「生きものになれる展」でも、日本と同じように生き物のコスチュームを身につけて、生き物の世界を体験できます。

子どもだけじゃなくて、大人も一緒に走ったり滑ったりできますよ。

ワンダージャングル

なんと、世の中には水の上を走れるトカゲがいるんだそうです。

その名も「バシリスク」

かっこいい名前ですね!

このワンダージャングルでは、「バシリスク」になって水の上を駆け抜ける体験ができますよ。

スモールガーデン

ここでは、誰でも一度は触れたことがある?ダンゴムシの世界を体験します。

ダンゴムシのスーツ(鎧)を身につけて、天敵のアリから身を守ることがミッションです。

アリに攻撃されたら、すかさずダンゴムシのように丸まりましょう!

サバイバルオーシャン

ここでは、ペンギンのスーツを着て、氷の滑り台を滑る体験ができます。

でも、ただ滑るだけじゃないんです。

なんと、滑り台の下にはサメの大きな口が…!!

サメに食べられるペンギンの体験ができそうですね(笑)

ミラクルサバンナ

ここでは百獣の王ライオンになって、狩りをする体験ができます。

ライオンになりきって、チームで協力して獲物を狩る。獲物に見つかってはいけない。

スリル満点の体験ができそうですね。

生きもの・ギアセンター

水牛の角をつけたり、蝶々の羽を背負ったりして、生きものの世界を体験できるところです。

広告で女の子がつけていたあの青い蝶々の羽ですね!

とってもきれいなので、ぜひ背負ってみたいですね〜

巨大図鑑

「動く図鑑MOVE」を拡大したようなパネル展示や見学コーナーがあるようです。

クイズに答えたり、顔ハメで写真を撮ったりするのも楽しそうですね!

午前中が狙い目

7月8月は香港も夏休みなので、平日休日問わず混雑しそうですね。

でも、午前中は空いているそうです。

また、このイベントは10月までやっているので、ある程度ブームが落ち着いた9月以降に行くのもいいと思います。

私も夏休み明けぐらいに行こうかなと思っています。



コメント